業務内容

IYO松山ハイテック株式会社は、愛媛県伊予郡松前町にあり、マシニングセンター・ワイヤー放電・NC旋盤・フライス汎用旋盤を用いた金属加工などの業務を行っています。

当社は、自動省力化ロボットを中心に多品種少量の精密部品を受注生産します。長年にわたり順送プレス金型、単発トランスファー金型および金型部品の設計、製作をはじめ、各種素材による治工具、FA機器精密部品の製造に至るまで、確かな技術と経験で付加価値の高い製品づくりに取り組んでいます。

愛媛県伊予郡松前町のIYO松山ハイテック株式会社

事業の具体的な内容

革新的な試作品開発・生産プロセスの改善の具体的な取組内容

対象類堅【ものづくり技術】について

本事業は、自社においてCNC旋盤である”MAZAK CNC 旋盤 QUICK TURN 200MY UNIVERSAL(500)”を導入し、省力自働ロボットに使われる精密旋盤加工による部品の製作を行います。よってものづくり技術分野の【精密加工技術】と関連します。課題ニーズとして「力.生産性・効率化の向上、低コスト化」高度化目標として「エ.プロセスの革新・IT活用の高度化」に該当します。

当社は適時効果的と判断する設備投資を行い、当社が製作する省力自働機械部品の品質を安定的に短納期・低価格で提供しつつ、よりオーダーに対応できるバリエーションの製品を増やせるように同業他社との競争力を向上させることを事業の目的とします。

事業類型【一般型】について

本事業において設備投資”MAZAK CNC 旋盤 QUICK TURN 200MY UNIVERSAL(500)”を導入する事で生産プロセスの改善を行うことと、会社の規模を勘案し、「一般型」を選択しています。

当社の顧客・売上構成

製紙 30-40% ティッシュ、トイレットペーパー自動機械部品
日用品 20% 日用品 自動機械部品
太陽ソーラー 20% 自動機械部品
半導体 10% 自動機械部品
食品 10% 自動機械部品
船舶 若干 自動機械部品

当社の顧客(市場)のニーズ

マクロ的な視点では、アベノミクスとそれに続く金融緩和策により、製造業全体の投資意欲は活発な状況にあります。

一方、少子高齢化の進展やグローバル化の中で、省人化・生産性向上はどのメーカーにとっても緊縛の課題であり、当社の取り扱う省力化機械部品の導入ニーズも非常に大きなものとなっています。

設備機器

結果、生み出される優位性・競争力

当社にて、最新設備の導入とそれに続く教育体制の整備が軌道に乗れば、同業他社に対し、以下のような優位性が生じます。

生産能力

シフト勤務により現状でも高い生産能力が、自動制御やよこもち(段取替え)の削減により更に向上します。
革新性・新規性
(加工の複雑さ)


現状、当社の位置する松山近郊では、Y軸制御やミル加工まで対応できる業者はありません。
最新設備の導入により、特に引き合いの多い「螺旋の溝」等を加工できるようになります。
価格・コスト面

螺旋加工を自動制御に置き換えられることから、加工にかかる人件費が抑制できます。
また、部品あたりにかかる時間も短縮化され、生産性も向上します。
納期面

よこもち(段取替え)の削減により、一連の加工が自動化され、生産リードタイムが大幅に削減できます。

競争力

顧客は生産計画に基づいて部品を発注しますが、複数の協力会社の中から、生産能力・加工レベル・納期・価格などから総合的に評価し、発注を割り振っていきます。

この時、加工精度・品質面においては既に一定の条件をクリアした会社が残っているため、品質自体が差別化要因とはなりません。どちらかというと、メーカーからは、一括で数をさばけるなどの生産能力や加工の複雑さへの対応などが求められています。

当社は、最新機器の導入により、「生産能力の拡大」「加工レベルの向上」「更なる生産性の向上」を実現し、それらを支える教育体制を整備する事で、他社には容易に追随し難い競争力を獲得していきます。

IYO松山ハイテック株式会社の納品実績